Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

○収穫祭(餅つき)12月3日(日)午前9時からです!

○出欠数の連絡をお願いします!

○雨天決行です!

    「北谷」米つくり隊の紹介    

【設立の趣旨】
○北谷地区(中山間地域)における農業、農村の活性化を図ることを目的に事業を行う。
○設立:平成22年4月
【設立の背景】
○平成22年に九州国立博物館4階の文化交流展示室で「稲づくりから国づくり」をテーマに稲作と金属器の普及について展示されました。
そこで、九州国立博物館と稲作の田んぼを結んで館内展示とフィールド展示の立体的な融合を図り、具体的にわかりやすく学習しようと九州国立博物館を愛する会から交流事業の話があり「米つくり隊」が設立されました。
【活動スタイル】
○宝満山のふもとで「田植え・稲刈り・いもほり」の体験をしませんか!
○爽やかな風、水、香りを感じながら、御笠川の源流「宝満山」のふもとで気持のいい汗をかきながら農業をみんなでやりましょう!
○酒米(夢つくし)を作って、純米酒「宝満の夢」を味見しませんか!
【活動内容】
○米づくり体験希望者を募集し、太宰府市北谷地域の棚田で、稲やサツマイモの栽培体験や除草作業、案山子づくり、収穫後は餅つき体験などの活動を行う。この活動により、定期的に都市住民に来てもらい、都市と農村交流を図るとともに、併せて休耕田を活用することで棚田の保全が図られる。
また、酒米を作り地域特産品として純米酒「宝満の夢」の販売促進を図る。
編 集